各話ネタバレ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第6話「妻に隠れて若い娘と浮気交尾に耽る日々」ネタバレ

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」の第6話「妻に隠れて若い娘と浮気交尾に耽る日々」のネタバレと感想を紹介しています。

\会員登録不要で無料試し読み!/
/画像をクリックしてブッコミ!へ\
 

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第6話ネタバレ

『早くこれを食べたかったんだもん♪』

シックスナインの態勢をとりつつ、汗ばんだ体のまま抱き合い淫部を舐め合う2人、完全に獣と化している。

『中の突起を舐めて・・・』

この頃は陽葵の方から欲求をぶつけてくることが多くなった。

学校でもクラスメイトに対し、『私とヤりたい?』なんて聞くようにもなったらしい。

冗談と受け取ってはいるだろうが、こうして2人で淫らな関係を続けているのみると、そうも思っていられなくなってきた。

ジュポッ・・ジュポッ・・ジュポッ・・

最近は吸い方もずいぶん上手くなった。俊樹は一方的にやられ、快感に浸っているのはむしろ俊樹の方だった。

『・・・出ちゃった・・・擦ればどこでもいいんだね♪』

 


 

ギシ・・ギシッ・・ギシッ・・・

陽葵が上になり俊樹の肉棒を貪っている。

こないだ体験した騎乗位にハマったらしい。

その壁の一枚向こう、そこには母・美里が眠っているのにも関わらず・・・。

『あっ・・・気持ちいいっ・・・!』

「あんまり声出すなよ」

俊樹は陽葵のあまりに大きい喘ぎ声を心配していた。

まさかこんな関係を美里に知られるわけにはいかない。

「言ってもわからんやつにはお仕置きだなっ!」

そういうと陽葵の尻を引っ張り返し、鋭くいきった肉棒を後ろから突き立てたっ!!

『ひっ!!・・気持ちいいっ!!!』

「これがいいのかっ!!これがっ!!!」

声を押し殺さなくてはいけないのは俊樹の方だった。あまりの陽葵の感度の良さに、最高潮に達した興奮を抑えられずにいた。

まだまだお互いの関係は始まったばかり、お互いを貪りあう関係はさらに深みをましていくのだった。

第7話へと続く>>

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第6話の感想

ここまできたら自分から肉棒咥え込んでますもんね。

第5話からそんな感じありましたが、第6話ではそれがエスカレートした形です。

ここがいちばんの抜きどころ、陽葵が完全に痴女と化して肉棒をもてあそぶ姿は必発!間違いなしです。

そこからの寝ている嫁の隣部屋でお仕置きファック、騎乗位から後背位、そして正常位へとありとあらゆるパターンで楽しみ、最後は中出しですよ。

いよいよ、エロさ加減が本気出してきちゃいましたね!