各話ネタバレ

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第2話「中に出したけど親子じゃないから問題ないよな」ネタバレ

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」の第2話「中に出したけど親子じゃないから問題ないよな」のネタバレと感想を紹介しています。

\会員登録不要で無料試し読み!/
/画像をクリックしてブッコミ!へ\

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第2話ネタバレ

床に娘を押し付け、後ろから白いパンティを掴んだ。

「ほら!後ろ向けっ!」

もうそこには優しかった父親の姿はない。

ただ本能のままにメスを求めるオスの姿だけがそこにあったのだ。

『やめてよお父さん・・・』

パンティをおろすと、うっそうと茂った淫部が顔を出した。

十数年前のものとは大違いだ。

そこに指をつっこみ、クリクリクリとかき回した。

だんだんと湿り気を帯びるようになり、陽葵の顔もどんどん赤みを帯びていく。

「やっぱりお前もメスなんだな。」

クリクリクリという音からぬちゃぬちゃぬちゃという音へと変わっていく。

指が吸い寄せられ、その締まりの良さが指先から伝わってきた。

「さすがに結構きついな」

ハァ・・ハァ・・ハァ・・

小刻みに震えながら陽葵の口から吐息が漏れるようになる。

その声を聞いて父親はさらなる興奮を覚えた。

卑猥な言葉を浴びせた押しながら、娘の淫部をさらに攻めたてる。

『やめて・・・』

もう抵抗する声に力はない。

陽葵はただただ、父親の行為に体を預けていくのだった。

アナルから秘部にかけて父親がさすると、陽葵は体をビクつかせて喘ぎ声を漏らした。

『あっ・・・・んあっ・・!!』

すると父親は服を脱ぎ出し、いきりたった肉棒を陽葵の秘部へとあてがった。

「俺・・・入れるわ。」

当然これには陽葵もかなりの抵抗をみせた。

手で挿入を食い止めようとしたが、父親の力がやはり強いっ!

痛い!痛い!と嫌がる娘を横目に、父親は無情にもその肉棒をあそこへと滑り込ませていった。

「大人のモノを受けいれられるほど、女になったんだな」

感心しながらも父親は娘を強姦した。

両足を鷲掴みにし、正常位で娘を突き上げるっ!

痛みに堪えながらも、口からは悲痛と喘ぎ声の混じった声が少しづつ漏れている。

『あうっ・・・う・・・いっ・・・!』

だんだんと父親の動きは早くなる。娘の処女膜を突き破る興奮が抑えられないのと同時に、新鮮なモノの締まり具合にあえなく果ててしまった。

「おっ・・・で・・・出るっ!!」

大量の白濁液がどくどくと音を鳴らして膣の中に流れ込むのがわかる。

手で顔を押させながらも陽葵は苦悶の表情を浮かべた。

「普通の女とヤるのとかわんねーな・・・」

父親の精神は崩壊し、鬼畜な強姦魔がそこにはいたのだった。

第3話へと続く>>

手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので 第2話の感想

完全に壊れちゃいましたね、お父さん。

血が繋がっていない娘ですか。

なんとも想像しがたいシチュエーションですが、さすがに全然似てないとなるとこんな風になっちゃうんでしょうかね。

ここまでは完全にレイプ状態ですね。

ここまではちょっと引いてみちゃったんですが、これから先に「まさか!」の展開が待っています。

禁断の関係を壊してしまう父親によるレイプが終わった後、陽葵の口から信じられないような言葉が!?

ここから先がチンジャオ娘・小桜クマネコワールドの始まりですね!

早速次に読み進めていきましょう!